国民生活センターと消費生活センターの違い【利用方法も解説】

生活

商品トラブルで困ってる人
  • 商品トラブルの相談ってどうしたらいいの?
  • 国民生活センターと消費生活センターの違いってなに?
  • ネットトラブルの相談もできるの?

そんな疑問をお持ちの方向けに記事を書きました!

本記事で理解できる内容

・国民生活センターと消費生活センターの違い
・利用方法(場所、相談受付時間など)と相談できる内容
・ネットトラブルの相談方法

この記事は僕が実際に相談した時に、調べた内容をわかりやすくまとめてます!

スポンサーリンク

国民生活センターと消費生活センターの違い

国民生活センターと消費生活センターの違い
結論からいうと

国民生活センターは国で、消費生活センターは地方の管理です。

提携しているので、どちらに相談しても大丈夫です。

ですが、訪問することを考えると全国に約800か所ある地元の消費生活センターに相談した方が便利です。

下記にて、両者の違いを細かく説明して行きますね。

国民生活センターとは?

『独立行政法人国民生活センター法』という法律でつくられた国が管理している法人の機関です。

主な役割を下記にまとめました。

国民生活センターの役割

  • 国と消費生活センターをつなぐ中核的期間
  • 相談を解決するための商品テストやトラブルに関する調査や研究を行う
  • さまざまなメディアを通じて消費者への情報提供

消費生活センターには、消費者担当職員や消費生活相談員への研修や指導を行っています。

消費生活センターとは?

『消費者安全法』により地方自治体が設置した、商品トラブルなどの相談を行える窓口です。

消費生活センターは設置者によって、『消費者センター・消費者相談室・消費者生活センター・生活科学センター・市民生活センター・市民相談室』などと呼ばれる事があります。

主な役割を下記まとめました。

消費生活センターの役割

  • 全国約800か所に相談窓口設置し、消費者の情報を集める
  • 国民生活センターへの情報提供
  • 消費者への助言

消費生活センターは国民生活センターの下部組織ではないですが、PIO-NETという仕組みをつかって国民生活センターと情報共有し、消費者トラブルを支援しています。

国民生活センター・消費生活センターに相談できる内容

国民生活センター・消費生活センターに相談できる内容
商品トラブルとは言っても、どこまで相談出来るか分からないと思いますが、

消費に関わる全般の事が相談できます。

国民生活センターのHPに『相談事例・判例集』があるので、自分の困りごとに近い事例を探して、相談時の参考にしてください。
>>国民生活センターHP相談事例・判例ページ

ネットトラブルの場合は、生活センターに相談する意外に専門の機関があります。
記事後半にまとめているので、そちらを確認して下さい。

国民生活センター、消費者センター利用方法

国民生活センター、消費者センター利用方法
相談出来るのは、原則として

トラブルにあった本人だけです。

ですが、本人が何らかの理由で行えない場合は、代理人も認められています。
その辺りも、相談してみて下さい。

消費生活センターの電話番号・相談受付時間

国民生活センターHPの全国の『消費者生活センターページ都道府県一覧』より、近くの消費者センター相談窓口の電話番号や受付時間を調べることができます。

>>国民生活センターHP全国の消費者生活センターページ

調べなくても最寄りの消費者センターに繋いでくれるシステムがありますので下記で紹介しますね。

消費者ホットライン188(いやや)利用方法

消費者ホットライン188(いやや)は、消費者センターの電話番号を調べなくても最寄りの消費生活相談窓口につないでくれる全国共通の電話番号です。

消費者ホットライン188

相談受付時間
年末年始(12月29日~1月3日)を除き、原則毎日利用できます。
・平日:9:00~17:00など(相談窓口によって受付時間が異なります)
・土日、祝日:10:00~16:00など(相談窓口によって受付時間が異なります)

電話番号
(局番なし)188

消費者ホットラインが話中でつながらない場合、国民生活センターの平日バックアップ相談を利用できます。

国民生活センターの平日バックアップ相談

相談受付時間
受付時間:平日の10時~12時/13時~16時

電話番号
03-3446-1623

国民生活センターの電話番号・相談受付時間

国民生活センターでは、各地の消費生活センターの相談窓口が昼休み中の時間を中心に、消費生活相談を受け付けています。

国民生活センターお昼の消費生活相談

相談受付時間
平日 11時から13時(年末年始、土曜日曜祝日を除く)

電話番号
03-3446-0999

法人:ネットトラブル相談窓口

法人:ネットトラブル相談窓口
上記で紹介してきた国民生活センター・消費生活センター以外でも、ネット被害を相談できる窓口があるので、お伝えします。

都道府県警察本部サイバー犯罪

ネット被害全般の相談や被害届けを出すことができます。各自治体によって、相談窓口が異なるので下記ページから探して下さい。

都道府県警察本部のサイバー犯罪相談窓口等一覧

IPA情報セキュリティ

IPAは独立行政法人の情報処理推進機構です。
脆弱性情報・コンピュータウイルス・不正アクセスなどの被害を相談できます。

届出・相談:独立行政法人情報処理推進機構

インターネット・ホットラインセンター(警察庁)

インターネット上の違法情報を通報すると、ガイドラインに照らして判断した上で警察への情報提供と、サイト管理者等に送信防止措置を依頼してくれます。

インターネット・ホットラインセンター

法律事務所:ネットトラブル相談窓口

ネット被害を受けた場合、上記で紹介した国営機関とは別に、法律事務所に相談する方法があるのでお伝えします。

弁護士ドットコム

法律ポータブルサイトで無料法律相談や法律事務所の検査サービスが利用できます。

弁護士ドットコム

体験談:消費者センターへの相談事例

実際に、消費者センターに相談した体験談を記事にまとめています。参考に読んでみてください。

【体験談】ガソリンスタンド整備トラブル【消費者センターへの相談】
みぞはは ガソリンスタンドで冬用タイヤの購入とエンジンオイルの交換頼んだら、 他に色々交換が必要だと言われて・・・13万の請求書が来たんだけど・・。

コメント

  1. […] 【解説】国民生活センターと消費生活センターの違い【利用方法など】 商品トラブルで困ってる人 商品トラブルの相談ってどうしたらいいの? 国民生活センターと消費生活センターの […]