個人事業主向けホームページ作成方法を解説【0円〜低コストで作る!】

仕事
ホームページ選びで困っている店主

お店のホームページを作りたいけど、どんな方法があるの?
製作コストや維持費はいくらかかるんだろう?
あまりお金をかけられない・・。

このページでは、個人事業主の上記のようなお悩みに、お答えします。

本記事の内容

  • 個人事業主向けのニーズにあった、低コストなホームページの作り方がわかる
  • 選んだホームページの製作・運営コストがわかる

僕はホームページ製作会社で実務を経験後、フリーランス(副業)としてホームページ製作にかかわって来ました。その中で「この使い方なら、お金をかけてホームページを作らなくても・・。」と思うことも、正直ありました。

そのあたりも考えて、個人事業主の様々なニーズにあった、低コストなホームページの作り方をお伝えします。

スポンサーリンク

個人事業主向けのホームページ作成方法は3つある


結論から言うと、個人事業主向けのホームページの作成方法は、下記の3つです。

個人事業主向けホームページ作成方法

  • ①無料ブログ
  • ②ホームページ作成ツール
  • ③ワードプレス

ホームページ製作会社に頼まなくても、上記のツールを活用することにより、自力で費用をおさえた(無料〜低コスト)ホームページを作成することが出来ます。

どのようなホームページを作りたいか?で、3つのツールの選び方が、かわってきます。
ざっくりわけると、下記のようになります。

個人事業主向けホームページの選び方

  • ①無料ブログ → ネット上で会社の情報が分かれば良い 
  • ②ホームページ作成ツール → 見た目を一般的なホームページにしたい
  • ③ワードプレス → SEO(検索で1ページ目に表示させる)で集客したい

それぞれのツールの特徴(メリット・デメリット・費用など)を、紹介していきますが、
その前に、ホームページにとって重要な『ドメイン』のことを、お話しします。

ドメインをわかっている方は、飛ばしても大丈夫です。

ドメインとは?


ドメインとは、インターネット上にあるホームページの住所のことです。

当ホームページ『みぞさんちメモ』で言うと、アドレスは【http://mkazoku.com/】で、うしろの【mkazoku.com/】が住所の部分になります。

ドメインの種類と特徴

ドメインは大きく分けると、『無料ドメイン』と『独自(有料)ドメイン』の2種類になります。

それぞれの違いと特徴は下記の通りです。

2種類のドメインと特徴

  • 無料ドメイン → 無料ブログ・無料ホームページ作成ツール登録時に貰える
  • 独自(有料)ドメイン → ワードプレス作成時に必須。無料ブログ・無料ホームページ作成ツールに独自に設定できる

有料の独自ドメインを使うことで、SEOが有利になったり、利用したツールのサービスが終了しても、新しいホームページの住所として、そのまま使うことができます。

デメリットは費用(年1,000~3,000円ほどで、 JP・comなどの種類によって値段が変わる)や管理が必要になります。

ドメイン管理会社の【お名前.com】で、独自ドメインを取得することができます。

さらに詳しく知りたい方は下記ページをご覧ください↓

個人事業主向けドメインの選び方【結論:独自ドメインがオススメ!】
ドメイン選びで困っている店主 ドメインって色んな種類があるみたいだけど、 個人経営ってどれを選んだらいいんだろう? 有料と無料でもらえるドメインって何が違うの? 有料だと

①無料ブログとは?


無料ブログは、名前(ID)、メールアドレス、パスワードを設定するだけで、日記のような(文章主体の)ホームページを作れるサービスです。

カンタンに開設できる反面、SEOや広告・機能・デザインなどで制約が多いです。

ネット上で会社の情報を公開できれば良い方向けのツールと言えます。

無料ブログのメリット・デメリット

個人事業主が、ブログをホームページに使った時のメリット・デメリットを下記にまとめます。

メリット

  • 登録・操作もカンタンに行えるので手軽に作ることができる

デメリット

  • サービス提供会社に依存するので、いつ無くなるか分からない
  • SEOを狙うのが難しい
  • 独自ドメインの利用が有料の場合がある
  • 画像を並べたようなホームページに比べて、デザイン面で見劣りする
  • ブログ内に提供会社などの広告が入る

独自ドメインの設置や広告表示は、ブログの有料プランで変更できる場合があります。

商用利用OK:無料ブログ比較表

商用利用できるオススメなブログサービスの一覧です。

調査日:2019年8月6日(表は横方向にスクロールします)

サービス名 使用容量 テンプレート数 広告非表示
(最低費用)
独自ドメイン
(最低費用)
ライブドアブログ 無制限 500以上 無料 無料
FC2ブログ 10GB 6,000以上 275円〜/月 275円〜/月
Blogger 1GB 30以上 無料 無料
Tumblr 無制限 700以上 無料 無料
Seesaa
2GB 400以上 無料 無料

②ホームページ作成ツールとは?


ホームページ作成に必要なコード(HTML・CSS)などの専門知識が無くても、一般的なホームページが無料で作れるツールです。

用意された数種類のテンプレートから好みの物を選び、画像や文章を置いていくだけで、機能・デザイン性の高いホームページを作ることができます。

デザイン・機能面も一般的なホームページを作りたい方向けのツールと言えます。

ホームページ作成ツールのメリット・デメリット

メリット・デメリットを下記にまとめます。

メリット

  • 機能・デザイン性の高いホームページが、カンタンに作れる

デメリット

  • サービス提供会社に依存する
  • SEOを狙う場合、制約がある
  • 独自ドメインの利用が有料の場合がある
  • ページ数が有料で決まる場合がある
  • ホームページ内に提供会社などの広告が入る

商用利用OK:ホームページ作成ツール比較表

商用利用できるオススメのホームページ作成ツール一覧です。独自ドメイン・広告表示の有無・使用容量などが、有料プランで変わる場合があります。

調査日:2019年8月6日(表は横方向にスクロールします)

サービス名 月額 容量 無料公開ページ数 テンプレート数 広告非表示
(最低費用)
独自ドメイン
(最低費用)
Ameba Ownd 無料 1GB 10 20 842円/月 無料
WIX 無料 500MB 無制限 500以上 842円/月 842円/月
Jimdo
無料 500MB 3000ページまで 40以上 945円/月 945円/月
FC2ホームページ 無料 1GB 3000ページまで 40以上 無料 83円/月
2年目以降
232円/月
グーペ
1000円〜 1GB 無制限 無料:21
有料:15
無料 300円〜/月
(ドメイン取得・管理費用込み)

ホームページ内で商品を販売・決算したい場合(ECサイト)は、下記のホームページ作成ツールがオススメです。

ECサイト専用ツール

調査日:2019年8月6日(表は横方向にスクロールします)

サービス名 月額 商品登録数 決算手数料 テンプレート数 広告非表示
(最低費用)
独自ドメイン
(最低費用)
BASE
無料 無制限 3.6%+40円 無料:11
有料:39
500円/月 無料
Stores.jp 無料 無制限 無料:5%
有料:3.6%
48 1,980円/月 1,980円/月
(ドメイン取得・管理費用込み)

どのサービスも広告非表示・独自ドメインを使用したい場合は、月1,000円ほどのコストが発生してしまいます。同じ程度のコストで作れる、ワードプレスの活用をオススメします。

③ワードプレスとは?


オープンソース(誰でも使えるコンピータープログラム)で作られた、無料でブログ・ホームページが作れるソフトです。

誰でも無料で使えると聞くと、大丈夫なのか?と思いますが、ネット上の34%のホームページがワードプレスを使っています。特徴としては拡張性と自由度が高く、SEO対策に優れています。

SEO(検索で1ページ目に表示させる)で集客したい方向けのツールだと言えます。

ワードプレスのメリット・デメリット

メリット・デメリットを下記にまとめます。

メリット

  • SEO(検索で1ページ目に表示させる)を狙えるホームページが作れる
  • 拡張性・自由度が高いので自分好みにカスタマイズ出来る

デメリット

  • サーバー・ドメインを自分で用意しなければならない
  • 初期費用と継続費用がかかる
  • 自分で学ぶ必要があり、労力がかかる

ワードプレスは、サービスに登録すればすぐ使える無料ブログとは違って、設置やカスタマイズなどを、自分で学ぶ必要があります。

とは言っても検索すれば多くの対処法が出てきますし、ホームページ作成に必要なコード(HTML・CSS)などの専門知識が無くても、充分に対応できるものです。

ワードプレス使用に必要な物

ワードブレスを使う場合は、下記の3つを自分で用意しなくてはいけません。

  • ①独自ドメイン
  • ②レンタルサーバー
  • ③ワードプレステーマ

それぞれの役割と費用を下記の表にまとめます。

名称 役割 費用
①独自ドメイン ホームページの住所 年間1,000~3,000円ほど
(ドメインの種類によって値段が変わります)
②レンタルサーバー ホームページを置く土地 月1,000円ほど
③ワードプレステーマ ホームページの建物(外観) 無料〜10,000円ほど(買切り)

ワードプレス使用に必要な費用

ワードプレスでホームページを作る場合の初期費用

【独自ドメイン(年間費)】2,000円 ➕ 【レンタルサーバー初期費用】3,000円 ➕ 【ワードプレステーマ】10,000円 = 15,000円ほど

独自ドメインの種類やワードプレステーマを低価格にすることにより、さらに初期費用を抑えることができます。

月の継続コスト

【独自ドメイン(2年目以降)】200円 ➕【レンタルサーバー代】1,000円 = 1,200円ほど

月の継続コストで考えると、ホームページ作成ツールで作成した時と変わらないので、SEOにも強いワードプレスをオススメします。

とは言ったものの、一番の問題は「ワードプレスで作ったけど、上手く使いこなすことができるのかな・・?」だと思います。

業界最大手のエックスサーバーを利用すれば、お試し期間が10日間あるので、その間に試すことができます。

20.4.30まで、ドメインがずっと無料でついてくるキャンペーン中です!
>>エックスサーバー

無料レンタルサーバーでワードプレスを試す方法

無料レンタルサーバーを借りてワードプレスを試す方法もあります。
下記記事を、参考にしてください。↓

ワードプレスOK!無料レンタルサーバー3選【サーバー用語も解説!】
ワードプレスが使える無料サーバー選びで困っている人 ワードプレスが使える無料レンタルサーバーって色々あるみたいだけど、 どれを選べばいんだろう?やっぱ、無料だとデメリットが多

無料サーバーのエックスフリーでワードプレスを使った感想記事です↓

エックスフリーでワードプレスを運営した感想【初期設定方法も解説】
エックスフリーを使うか迷っている人 無料サーバーのエックスフリーで、ワードプレスを使ってみたいんだけど、 無料だとどんなデメリットがあるんだろう・・?初期設定も難しくないかな

コメント