ワードプレスOK!無料レンタルサーバー3選【サーバー用語も解説!】

仕事
ワードプレスが使える無料サーバー選びで困っている人

ワードプレスが使える無料レンタルサーバーって色々あるみたいだけど、
どれを選べばいんだろう?やっぱ、無料だとデメリットが多いのかな?
サーバーの専門用語もよくわからないし、どれを選べばいいかわからない・・。

このページでは、ワードプレスが使える無料レンタルサーバー選びで困っている人のお悩みに、お答えします。

本記事で分かる内容

  • 用途にあったワードプレスが使える無料レンタルサーバーがわかる
  • ワードプレスが使える無料レンタルサーバーのメリット・デメリットがわかる
  • 専門的なレンタルサーバー用語の解説

ちなみに、このサイト『みぞメモ」は、

エックスフリーで無料サーバーを借りて運営しています!

その体験談を踏まえて、ワードプレスが使える無料レンタルサーバーのメリット・デメリット、おすすめのサーバー会社、サーバー用語の情報を整理してお伝えします!

スポンサーリンク

ワードプレスOK!オススメ無料レンタルサーバーはこの3つ


ワードプレスが使えるオススメ無料レンタルサーバーは、下記の3つです。

ここに乗っているサーバーならどれを使っても大丈夫です。それぞれの特色をまとめたので、あとは好みで選んでください。

ワードプレスOK!無料レンタルサーバー3選まとめ

  • 複数のサイトが作りたい
    エックスフリー
  • セキュリティーに強いサイトが作りたい
    XREA
  • 自動広告が無い方がいい(独自ドメイン取得者のみ利用可)
    スタードメイン

とは言っても、あくまでの無料のレンタルサーバーなので、有料に比べるとデメリットも多く、特にビジネス・アフェリエイトサイトに使うことは、オススメできません。

下記より無料レンタルサーバーのメリット・デメリットを解説していきます。

無料レンタルサーバーのメリット・デメリット

メリット

  • 無料のため、気軽にワードプレスが試せる

「ワードプレスを自分で使いこなせるだろうか・・?」そんな方に最適で、とにかく手軽に試せるのが一番のメリットです。

試しに使ってみて、運用できそうなら有料プランに移行する方法がいいと思います。

デメリット

  • 自動で広告が入る
  • SSLに対応していない
  • サーバーが不安定なため、集中的なアクセスに対応できない
  • ディスク容量がすくない(複数サイトを作らなければ問題なし)

下記より、それぞれ解説していきます。

自動で広告が入る

サイトのどこかに、無料レンタルサーバー会社の収益になる自動広告(バナー)が入るので、ビジネスサイト・アファリエイトサイトには、向いてないです。具体例を下記にまとめます。

自動広告が入るデメリットの具体例

  • ビジネスサイト→他社の広告が入るので、お客さんが他社に流れる可能性がある
  • アフェリエイトサイト→グーグルアドセンス広告を自分のサイトにはった時、無料サーバー側の自動広告が入るので邪魔になる

SSLに対応していない

SSLは、通信を暗号化してサイトのセキュリティーを強化することです。

『▲保護されていない通信』の表記がアドレス横に現れるので、サイトの信頼性に直結します。また、SEO(検索で1ページ目に表示させること)で、ペナルティーなります。

さらに、あとでSSL化した場合、下記のようにサイトのアドレスが、変わってしまいます。

http → httpsの【s】が追加される

サイトアドレスが変わると、印刷物の作り直し記事ページのリダイレクト(記事を別のページに転送すること)を、行わなければいけません。

サーバーが不安定なため、多くのアクセスに対応できない

同時に多くのアクセスが発生したとき、強制的にページが表示されないことがあり、機会損失につながります。

ディスク容量がすくない(複数サイトを作らなければ問題なし)

動画を埋め込んだようなページや、一つのアカウントで複数のサイトを運営しないかぎり、問題ないです。

有料レンタルサーバーは、安いもので50G月250円(ロリポップ!)と比べると、無料レンタルサーバーは、1~2Gなので、少なく感じます。

ですが、1ページあたり1,000文字(1文字1B~2B)で、5枚の画像(750×750で1枚200kB)を使ったとしても1.2MBなので、ディスク容量が1Gでも約800ページは作ることができます。

無料レンタルサーバーによっては、『ディスク容量1G』でも、ワードプレスのデータを置いている『データベース容量』に制限をかけていることがあります。その場合は、データベース容量以上は使えないので、注意が必要です。

初心向けに解説:知っておきたいサーバー用語


サーバー会社を比較する時に、「アルファベットのよくわからないサーバー用語が並んでいて、どれを選んでいいのか、わからない・・」ことが、あると思います。

そんな人向けに、よく使われるサーバー用語を下記でまとめました。参考にしてください。

知っておきたいレンタルサーバー用語

用語 内容 使用例 サーバー会社での対応
PHP 動的なwebページが作れるプログラム言語 アクセスする度に、表示が変わる掲示板 処理をwebサーバー側で行う為、対応していないと使えない
MySQL 大容量のデータを高速で送信できるデータベース管理システム ワードプレスの構築 MySQLの数によって使えるワードプレスの数が決まる
SSL 送受信しているデータを暗号化する通信手順 webサイトのセキュリティー サーバー会社でSSLを準備しサーバー証明書を発行
FTP ファイルを送受信するときの決められたルール ファイルの更新 アプリケーションをサーバーにインストールして、安全に利用できるように設定している
CGI サーバー上でプログラムを使って処理した結果を表示 掲示板などの対話型のページ 処理をwebサーバー側で行う為、対応していないと使えない

特に、『SSL」が重要で、サイトの信頼性、SEOのペナルティーなどのデメリットがあります。
紹介する無料レンタルサーバーで対応しているのは、XREAになります。

オススメ無料レンタルサーバー3選


無料プランで試したあと、上位プランに変更する可能性を考えて、各サーバーの有料プラン情報もまとめています。

有料レンタルサーバーには、『無料お試し期間』を設けている場合があるので、その期間でワードプレスを試してみるのも有りだと思います。

また、レンタルサーバー会社を変更する場合は『ワードプレス移管作業』が発生するので、そのあたりも考えて、無料・有料レンタルサーバーから選ぶ必要があります。

エックスフリー


エックスフリー
複数のサイト(100MBまでのサイトを5個設置可能)をワードプレスで作りたい方は、エックスフリーがオススメです。

当サイト『みぞメモ」は、エックスフリーの無料サーバーを借りていますが、問題なく運営しています。
容量の上限を超えたら、上位プランにあたるエックスサーバーに移行する予定です。

エックスフリーでワードプレスを運営した感想を書いた記事です↓参考にしてください。

エックスフリーでワードプレスを運営した感想【初期設定方法も解説】
エックスフリーを使うか迷っている人 無料サーバーのエックスフリーで、ワードプレスを使ってみたいんだけど、 無料だとどんなデメリットがあるんだろう・・?初期設定も難しくないかな

WordPress機能

ディスク容量 データベース容量 自動広告表示 独自ドメイン SSL PHP MySQL FTP CGI 電話サポート 商用利用
2GB 100MB スマホ・タブレットに表示 5個 なし 5個 なし なし

調査日:2019年8月17日(表は横方向にスクロールします)


エックスサーバー
エックスフリーで有料プランを選ぶ場合は、同じ運営会社のエックスサーバーになります。『WordPress簡単移行』を使えば簡単に移すことができます。業界最大手で運営サイトも100万件をこえています。サーバー速度と安定性が高くサポート体制も充実しているので、初心者でも安心して使えます。

Xserver【x10プラン】

月額 無料お試し期間 ディスク容量 データベース容量 独自ドメイン SSL PHP MySQL FTP CGI 電話サポート
1,000円 10日 200GB 1,000MB 独自・サブドメイン
無制限
50個

調査日:2019年8月17日(表は横方向にスクロールします)

XREA


XREA

無料でSSLに対応しているので、サイトの信頼性・SEOのペナルティーを回避することができます。

さらに、データベース容量に制限がないので、容量を気にすることなく使用することができます。デメリットはMySQLが1個なので、複数のワードプレスサイトを作ることはできません。

XREA Free【無料プラン】

ディスク容量 データベース容量 自動広告表示 独自ドメイン SSL PHP MySQL FTP CGI 電話サポート 商用利用
1GB 1GB あり 10個
(サブドメインなし)
1個 なし なし

調査日:2019年8月17日(表は横方向にスクロールします)

有料プランになると、データベース容量が100GBと大容量になり、さらに容量を気にすることなく運営できます。

XREA Plus【有料プラン】

月額 無料お試し期間 ディスク容量 データベース容量 独自ドメイン SSL PHP MySQL FTP CGI 電話サポート
381円 7日 100GB 100GB マルチ:64個
サブ:3個
1個 なし

調査日:2019年8月17日(表は横方向にスクロールします)

番外:スタードメイン【独自ドメイン取得者のみ】


スタードメイン
独自ドメインを取得予定の方は、スタードメインで取得すれば、ワードプレスが使える無料サーバーを使うことができます。

SSLに対応し、自動広告も表示されないのでビジネス・アフェリエイトサイトにも最適です。容量が足りなくなったら、管理画面からスターサーバーの有料プランに、データ移行作業なしで変更することができます。

スタードメイン無料サーバー

ディスク容量 データベース容量 自動広告表示 独自ドメイン SSL PHP MySQL FTP CGI 電話サポート 商用利用
3GB(SSD) 100MB なし 契約中のドメイン
サブ:10
なし 1個 なし なし

調査日:2019年8月17日(表は横方向にスクロールします)


スターサーバーフリー
独自ドメインを取得しない場合は、スタードメインと同じ会社のスターサーバーフリーでワードプレスに対応した無料レンタルサーバーを借りることができます。

フリーPHP+MySQL

ディスク容量 データベース容量 自動広告表示 独自ドメイン SSL PHP MySQL FTP CGI 電話サポート 商用利用
2GB 50MB スマホのみ 1個
(サブドメイン50個)
なし 1個 なし なし

調査日:2019年8月17日(表は横方向にスクロールします)


スターサーバー
スタードメイン無料サーバーやスターサーバーフリーの有料プランになります。2週間の無料お試し期間があるので、余裕をもって試すことができます。

スターサーバー【ライトプラン】

月額 無料お試し期間 ディスク容量 データベース容量 独自ドメイン SSL PHP MySQL FTP CGI 電話サポート
300円 14日 50GB 500MB マルチ:50個
サブ:1,000個
1個 なし

調査日:2019年8月17日(表は横方向にスクロールします)

コメント