エックスフリーでワードプレスを運営した感想【初期設定方法も解説】

仕事
エックスフリーを使うか迷っている人

無料サーバーのエックスフリーで、ワードプレスを使ってみたいんだけど、
無料だとどんなデメリットがあるんだろう・・?初期設定も難しくないかな?

このページでは、無料サーバーのエックスフリーを使うか迷っている人の悩みにお答えします。

本記事で分かる内容

  • エックスフリーでワードプレスを使用した時のメリット・デメリットがわかる
  • エックスフリーでワードプレスを使う初期設定の方法を解説(画像あり)

このサイト『みぞメモ』は、エックスフリーで借りたサーバーにワードプレスを置いて運営しています。

実際に一年運営してみてわかったメリット・デメリットをお伝えしますので、無料サーバー選びの参考にして下さい!

スポンサーリンク

エックスフリーでワードプレスを運営した感想


結論から言うと

ビジネス・アフェリエイトサイトなら『やめた方がいい』ですが、趣味ブログや複数のワードプレスを試すならオススメです。

そう思った理由を下記にて解説して行きますね。

補足①:エックスフリーってどんな無料サーバー?

エックスフリーは、国内最大手の有料サーバー『エックスサーバー』が運営する無料サーバーです。

なので、無料サーバーから有料サーバーに移行したいと思った時に、同社のエックスサーバーを利用すれば、複雑な移行作業もカンタンに行うことができます。

さらに、同社が運営しているドメイン取得サービス『エックスドメイン』を使えば、ドメイン設定作業もカンタンに行えます

みぞちち

このサイトも、エックスドメインでドメインを取得してるよ。記事数が増えたらエックスサーバーに変えるつもりだよ。

補足②:エックスフリーWordPress機能プラン

WordPress機能プラン内容一覧

ディスク容量 データベース容量 自動広告表示 独自ドメイン SSL PHP MySQL FTP CGI 電話サポート 商用利用
2GB 100MB スマホ・タブレットに表示 5個 なし 5個 なし なし

調査日:2019年8月17日(表は横方向にスクロールします)

他社の無料サーバーと比較した時の利点としては、ワードプレスを5個作ることができます。

下記にて、3社の無料サーバーを比較しているので、参考にして下さい↓

ワードプレスOK!無料レンタルサーバー3選【サーバー用語も解説!】
ワードプレスが使える無料サーバー選びで困っている人 ワードプレスが使える無料レンタルサーバーって色々あるみたいだけど、 どれを選べばいんだろう?やっぱ、無料だとデメリットが多

エックスフリーでワードプレスを運営した時のメリット・デメリット


実際に運営して感じたメリット・デメリットを、下記にてお伝えしますね。

エックスフリーでワードプレスを運営した時のメリット

  • 無料のため、気軽にワードプレスが試せる
  • ワードプレス簡易インストール機能がある
  • エックスドメイン、エックスサーバーへの連携が簡単

無料のため、気軽にワードプレスが試せる

3ヶ月ごとの更新作業が発生しますが、管理パネルからワンクリックで更新できるのカンタンです。

ワードプレス簡易インストール機能がある

管理パネルから、簡単にワードプレスを設置することができます。下記にてワードプレス設定方法を解説しているので、参考にして下さい。

エックスドメイン、エックスサーバーへの連携が簡単

同じ会社が運営するドメイン取得サービス『エックスドメイン』と有料サーバー『エックスサーバー』があるので、エックスフリーからの移行やドメイン設定作業が簡単におこなえます。

エックスフリーでワードプレスを運営した時のデメリット

  • 自動で広告が入る
  • データベース容量100MBしか使用できない
  • SSLに対応していない

下記より、それぞれ解説していきます。

自動広告が入る

スマホ・タブレットにエックスフリーの収益になる自動広告(バナー)が入ってしまうので、ビジネスサイト・アファリエイトサイト運営には、向いてないと感じました。

データベース容量100MBしか使用できない

100MBだと、1ページあたり1,000文字(1文字1B~2B)で、5枚の画像(750×750で1枚200kB)を使った場合1.2MBになるので、80ページほど作れます。それ以上になると有料サーバーに移行したほうがいいですね。

SSLに対応していない

SSLは、通信を暗号化してサイトのセキュリティーを強化することです。あとからSSL化した場合、下記のようにサイトのアドレスが、変わってしまいます。

http → httpsの【s】が追加される

サイトアドレスが変わると、印刷物の作り直し記事ページのリダイレクト(記事を別のページに転送すること)を、行う作業が発生します。また、SEO(検索で上位ページを狙こと)で不利になります。

みぞちち

無料サーバーのXREAなら、無料SSLに対応しているよ。

こんな方にはエックスサーバーがオススメ


ビジネスサイトや、アフェリエイトブログを運営する場合は、始めから有料サーバーのエックスサーバーを使う事をオススメします。

上記で紹介したデメリット『自動広告が入る』『SSLに対応していない』のが大きな理由です。

お試し期間が10日間あるので、その間にワードプレスを試すこともできます。

さらに、20.7.2までドメインがずっと無料でついてくるキャンペーン中です!
>>エックスサーバー

エックスフリー登録からワードプレス設置までの手順


エックスフリーに登録して、ワードプレス設置までの手順を解説して行きますね。

エックスフリー登録に必要な物

フリーメールでもいいので、登録用のメールアドレスを用意してください。

エックスフリー初期設定

①トップページ中央にある「無料レンタルサーバーご利用お申し込み」をクリック

②メールアドレスを登録して、『確認メールを送信』をクリック

③確認メールの送信完了の表示が出たあと、登録したメールアドレスに【XFREE】お申し込みメールアドレスの確認が送られてくるので、【お申し込みURL】をクリック

④会員情報登録フォームのページが開くので、各項目を入力して下さい。

⑤入力項目の一覧が表示されるので、問題なければ【会登録を確定する】をクリック

⑥会員登録が完了するので、【ログイン】をクリック

⑦管理パネル画面が開くので、サーバーID(*ここで入力した半角英数の文字が、サイトURLの一部に反映されます)を入力後、【サーバーIDの確認】をクリック

⑧サーバーIDの登録の確認画面が開くので、問題なければ【サーバーIDの登録(確定)】をクリック

⑨サーバーIDの登録が完了したら、【→無料レンタルサーバー】をクリック

ワードプレス設定

ここからはエックスフリーでワードプレスを使用する為の設定になります。

①サーバー『WordPress』の【利用を開始する>】をクリック

②初期設定が完了するので、再び【→無料レンタルサーバー】をクリック

③サーバー『WordPress』の【管理パネルログイン>】をクリック

④WordPress管理画面が開くので【新規インストール>】をクリック

⑤各フォームに必要事項を記入後、【次に進む】をクリック

サイトアドレス 独自ドメインを使わない場合は空白で大丈夫です。
WordPressID ワードプレスのダッシュボードにログインする時のIDになります。
ブログタイトル ワードプレスのタイトルになります。
メールアドレス 管理者のメールアドレスになります。

⑥フォームの確認画面が開くので、問題がなければ【確定(WordPressをインストール)】をクリック

⑦インストールが完了して、ワードプレスに必要な情報が表示されます。
ブログURLはワードプレスサイトのアドレスです。管理ユーザとパスワードはワードプレスのダッシュボードログイン時に必要になります。

⑧インストール済みWordPress一覧画面が表示されるので、先ほど作ったWordPressIDの【ダッシュボードへ】をクリック

⑨ワードプレスのダッシュボードログイン画面が表示されるので、⑦の『ワードプレスに必要な情報』を入力して【ログイン】をクリック

ワードプレスダッシュボード画面にログインできる

以上でエックスフリーを登録して、ワードプレス設置までの作業が完了です。

あとは、ダッシュボードからワードプレスの設定を、いろいろ試してみて下さい!

みぞちち

何かわからない事があれば、コメント覧で質問してね!

コメント