ワードプレステーマisotypeの評判は?短所2つ長所4つを解説!

悩んでる人

  • ワードプレステーマのisotypeってどうなの?
  • isotypeのメリット・デメリットを知りたい!
  • isotypeの導入方法を教えて!

こんな悩みを解決できる記事を用意しました!

この記事で紹介する「isotypeのメリット・デメリット」を読めば、公式サイトには載っていないisotypeの評価が分かりますよ。

なぜなら、web制作で色々なテーマを比較・検討したボクが、本音で評価するからですね。

まずは、isotypeの特徴について説明するので読み進めて下さい!

※「すぐに、isotypeの導入手順を教えて!」という方は、「6.isotypeの導入手順」から読んでくださいね!

ワードプレステーマのisotypeとは?

isotypeの特徴を簡単に言うと「日本語表示が美しく機能美を追求したテーマ」です!

なぜなら、無駄な機能や装飾をなくし、コンテンツを活かすサイトデザインを追求しているからですね。

具体的には、思わず読みたくなるメディアにするために日本語フォントに拘っていますよ。

「ミニマルで上質なデザインがいい!」と言う方にはオススメできるテーマですね!

isotypeテーマのデメリット2つ

まずは、実際に比較・検討して感じたisotypeテーマのデメリット2つを紹介しますね。

isotypeテーマのデメリット2つ
  • 価格が高め
  • サイトの表示速度が遅め

価格が高め

isotypeは他社の有料テーマと比べると高めの価格設定になっていますよ。

他社のテーマは1~2万円のものが多いですが、isotypeは14,800円〜27,000円だからですね。

当ブログのオススメテーマ価格比較
  • TCD:7,980~49,000円(税込)
  • isotype:14,800~27,000円(税込)
  • LIQUID PRESS:無料〜10,890円(税込)

価格は高めですが、その分機能美を追求して細部にこだわっているのと言えますね!

サイトの表示速度が遅め

ブログ専用テーマと比べたら表示速度は遅めと言えます。

なぜなら、ファーストビュー(サイトページのトップ部分)で高画質のスライダーや動画を表示しているからですね。

どうしても高画質で動きのあるテーマだと重くなるので、許容範囲だと思います。

ミゾ

気になる人は、公式サイトにデモサイトがあるので確認してみて下さいね!

isotypeテーマのメリット4つ

以下では、実際に利用して感じたisotypeテーマのメリット4つを紹介しますね。

isotypeテーマのメリット4つ
  • 美しい日本語フォント
  • 1回の購入で複数サイトや他人のサイトにも使える
  • 機能美を追求したデザイン
  • 多彩なテーマウィジェット

美しい日本語フォント

isotypeは他の有料テーマよりも、日本語フォントにこだわっています!

日本語webフォントを軽量化して、一文字単位で文字間を調整しているからですね。

さらに、フォントの細かい設定も個別にできます!

日本語フォントにこだわる事で、「優れたデザイン・読みやすさ・優れたユーザー体験」を高めることができます。なので、上質なサイトが作れますよ!

1回の購入で複数サイトや他人のサイトにも使える

購入したテーマは、複数のサイトや他人のサイトにも使うことができます!

有料テーマだと他人のサイトに使う場合は、別途ライセンス費用が必要なことが多いですが、isotypeは1度の購入費だけで可能ですよ!

ですが、注意点もあります。

フッター部分に記載している「Powered by. isotype.」と言う著作権表示だけは勝手に削除できないので注意しましょう。

機能美を追求したデザイン

豪華と言うより、機能美を追求した上品・上質なデザインです。

無駄な装飾や機能を省くことで、飽きのこない主張しないデザイン、されど存在感のあるサイトを作ることができますよ!

上品でシンプルなデザインのコーポレート・美容サロン・飲食サイトにあうテーマだと言えますね!

多彩なテーマウィジェット

多彩なテーマウィジェットも魅力の一つです!

便利な機能の一部を以下にまとめますね。

便利なテーマウィジェット
  • 動画ウィジェット・・動画を設置する機能
  • レスポンシブ対応カルーセルスライダー・・スマホ表示に対応した画像機能
  • ContactInfo・・インフォメーションエリアを設置する機能
  • Facebookページプラグイン・・プラグインなしで設置

デザイン性・機能美を損なわず、カンタンに設置できますよ!

isotypeテーマを人気ランキングで紹介!

ここからは、isotypeテーマを人気ランキングで紹介しますね。

isotypeテーマ人気ランキング
  1. MAJESTIC+(27,000円)・・ビジネスサイト向け
  2. MARBLE(27,000円)・・店舗向け
  3. MAJESTIC(19,800円)・・ビジネスサイト向け
  4. MOMENTUM(27,000円)・・ショップ・飲食サイト向け
  5. MONOMANIA(27,000円)・・ビジネス・ショップサイト向け
  6. MONO IDEA(27,000円)・・ビジネスサイト向け
  7. METRIX(27,000円)・・ビジネスサイト向け
  8. Readable(14,800円)【新テーマ】・・ブログ型

1st:MAJESTIC+

サイトのファーストビューにこだわりたいなら、isotypeシリーズ「MAJESTIC+」がオススメ!

画面いっぱいに映し出されるスライダー機能はそのままに、スマートフォンでの表示を意識した新たな機能が色々と詰め込まれたテーマになっています。

スマホユーザを意識したテーマなので、スマホユーザの訪問が多いサイトを運営している方向けのテーマですよ!

2st:MARBLE

とにかくベーシックなサイトデザインが好み、という方におすすめなのが「Marble」です。

ベーシックデザインなのに飽きが来ないのは、ウィジェットエリアに設定できる独自ウィジェットでいろんなデザインを自由に足し引きできるからです。

Webデザインの知識がなくても、簡単に自分好みのサイトを作ることができますよ。

3st:MAJESTIC

スッキリしたデザインでスマートな印象を与えたいなら、「MAJESTIC」がおすすめです!

余計なデザインがない分、伝えたいことがすっきり伝えられる、潔さのようなものを感じるサイトデザインになっています。

全体はシンプルなのに、画面いっぱいに表示されるファーストビューのスライダーのおかげで、かなり強い印象をサイト訪問者に与えることができます。

4st:MOMENTUM

ショップサイトや飲食店サイトにぴったりのグリッドデザインが魅力的なのが「MOMENTUM」です!

サイト表示時に目に飛び込んでくるグリッドデザインが、強烈な印象をサイト訪問者に残してくれます。

ショップやビジネスサイトなどのデザインにこだわりたい方におすすめです。

5st:MONOMANIA

サイトに動きをつけたい!」という人におすすめしたいのが「MONOMANIA」!

トップページを中心に、いろんな場所にウィジェットエリアが設定されていて、そこに独自ウィジェットをはめ込むことで自由なデザインができるように設計されているテーマです。

ビジネスサイトやショップサイトと相性が良いデザインですね。

6st:MONO IDEA

サービスや商品を販売しているコーポレートサイトにぴったりのテーマが「MONO IDEA」です。

画面いっぱいに広がる画像とスッキリしたフォントの文字が、スクロールする度に切り替わっていくので、サイト訪問者をしっかり惹きつけてくれます。

ブログのようにいくつもの記事を見せるためのサイトではなく、トップページだけで基本的に完結します。サービスや商品の魅力をアピールさせたい方向けのテーマですよ!

7st:METRIX

強烈なインパクトを残すファーストビューと、遊び心のあるアニメーションを同時に使いたい方におすすめなのが「METRIX」です。

画面いっぱいに表示されるスライダーと、自由にデザインしていける自由度の高いアニメーションで、印象深いサイトを簡単に作れてしまうのが魅力です。

シンプルなデザインに飽きてしまった方や、まるでプロが作ったようなサイトを自分で作ってみたい方は、ぜひ試してみてください。

New:Readable

Readableは、ブロックエディタに完全対応したブログ用WordPressテーマです。

ブログに必要なデザインを、ブロックエディタで簡単に挿入することができるので、ブログを書く楽しさを邪魔せず記事を書くことができます。

初心者でもブログを最短で収益化できるように作り込まれています。ぜひ試してみてください。

【Q&A】isotypeテーマのよくある質問3つ

以下では、isotypeに関する質問に答えていきますね!

isotypeに関する質問3つ
  • 支払い方法は?
  • 使い方がわかるマニュアルは?
  • 困った時は、サポートしてくれるの?

支払い方法は?

クレジットカード、コンビニ決済から支払い方法を選べます。

ミゾ

銀行振込、決算サービスには対応していません!

使い方がわかるマニュアルは?

公式サイトに豊富なマニュアルがあるので、いつでも観覧できますよ!

インストール手順などの共通のマニュアルとは別に、テーマ毎のマニュアルも用意してあるのでデモページと同じ構成のサイトを作ることができますよ。

ミゾ

公式ページでチェックしてみて下さいね!

困った時のサポート体制は?

テーマ購入後30日間の無料サポートがついていて、専用フォームからのメール問い合わせのみ対応しています。

購入後30日間を過ぎたあとも、「継続してサポートを受けたい!」「カスタマイズを依頼したい!」という場合、有償サポートになりますね。

購入前に相談できるので気になることは聞いてみましょう!

isotypeテーマ導入手順

以下では、isotypeテーマの導入手順を3ステップで説明します!

isotypeテーマ導入手順3ステップ
  1. テーマを購入する
  2. テーマをダウンロードする
  3. ワードプレスにアップロードして有効化する

ステップ1:テーマを購入する

まずは、下記より『isotype公式ページ』に進んでください。

トップページのメニューから『テーマ』をクリックします。

テーマ一覧ページより、購入したいテーマを選んで『テーマの詳細』ボタンをクリック。

テーマの詳細ページに進むので、下にスクロールして『ダウンロードする』ボタンをクリック。

  1. メールアドレスを入力
  2. クレジットカード番号を入力

メールアドレスとクレジットカード情報を入力後、『〇〇円支払う』ボタンをクリック。

記入したメールアドレスに決算確認メールが送られてきます。

ステップ2:テーマをダウンロードする

選んだテーマを購入したら、パソコンにダウンロードする手順に進みましょう!

テーマ購入後、決算確認メールが送られてくるので、『商品のダウンロードページ』をクリックして、テーマをダウンロードします!

ステップ3:ワードプレスにアップロードして有効化する

次は、パソコンにダウンロードしたテーマファイルをワードプレスにアップロードしましょう!

まずは、自分のワードプレス にログインします。

次に、管理メニューから『外観』➡︎『テーマ』をクリックします。

『新規追加』をクリックします。

『テーマのアップロード』をクリックします。

『ファイルを選択』のボタンをクリックして、パソコン内より『〇〇.zip』と書かれたファイルを選びます。

アップロードが終わったら、再度テーマページに戻りテーマファイルを『有効化』しましょう。

これでテーマの設定が完了しました!

ミニマムで上質なサイトを作りたい人は、isotypeテーマを使いましょう!

紹介したように、ミニマムで上質なサイトを作りたい人はisotypeを使えば、素人でも機能美び優れたサイトが作れますよ!

最後に紹介した内容をもう一度おさらいしましょう。

isotypeテーマのデメリット2つ
  • 価格が高め
  • サイトの表示速度が遅め
isotypeテーマのメリット4つ
  • 美しい日本語フォント
  • 1回の購入で複数サイトや他人のサイトにも使える
  • 機能美を追求したデザイン
  • 多彩なテーマウィジェット
isotypeテーマ人気ランキング
  1. MAJESTIC+(27,000円)・・ビジネスサイト向け
  2. MARBLE(27,000円)・・店舗向け
  3. MAJESTIC(19,800円)・・ビジネスサイト向け
  4. MOMENTUM(27,000円)・・ショップ・飲食サイト向け
  5. MONOMANIA(27,000円)・・ビジネス・ショップサイト向け
  6. MONO IDEA(27,000円)・・ビジネスサイト向け
  7. METRIX(27,000円)・・ビジネスサイト向け
  8. Readable(14,800円)【新テーマ】・・ブログ型

以下のボタンから、購入ページに進んで下さいね!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)