個人事業主向けドメインの選び方【結論:独自ドメインがオススメ!】

仕事
ドメイン選びで困っている店主

ドメインって色んな種類があるみたいだけど、
個人経営ってどれを選んだらいいんだろう?
有料と無料でもらえるドメインって何が違うの?
有料だと何円位かかるんだろう・・?

このページでは、個人事業主の上記のお悩みに、お答えします。

本記事で分かる内容

  • 個人事業主が有料(独自)ドメインを取得するメリット・デメリットが分かる
  • 個人事業主に適したドメインの種類、それぞれの費用が分かる

僕はホームページ製作会社で実務を経験後、フリーランス(副業)としてホームページ製作に関わり、個人事業主向けのドメインについて説明して来ました。

その中で、よく聞かれる疑問点を整理してお伝えします。

スポンサーリンク

個人事業主向けドメインの選び方


個人事業主向けのドメインは、大きく分けると『無料ドメイン』と『独自(有料)ドメイン』の2種類あります。

結論から言うと、

有料ですが・・・独自ドメインを使いましょう!

選んだ種類によって、年間1,000~3,000円ほどのコストがかかりますが、それ以上のメリットがあります。下記にて解説して行きますね。

無料ドメインと独自ドメインの違い


簡単に言うと無料か?有料か?です。

無料ドメインとは?

無料ブログや無料ホームページ作成ツールでホームページを作った時に、無料でもらえるドメインです。

ドメイン費用は発生しませんが、SEO(検索で上位に表示させる)での制約や、提供会社に依存する為、突然使えなくなる可能性があり、印刷物の作り直しなどのリスクが発生します。

独自ドメインとは?

ドメイン登録サービス(お名前.comなど)で取得し、自分のホームページに使うことができるドメインです。

取得・更新時にドメイン費用が発生しますが、早いもの勝ちで、誰も使っていない好きな文字列を指定する事ができます。

個人事業主が独自ドメインを取得するメリット・デメリット


独自ドメインを取得するメリット・デメリットを下記にまとめます。

独自ドメインを取得するメリット

  • SEO(検索で1ページ目に表示させる)が有利になる
  • 利用したツール(ブログなど)のサービスが終了しても、新しいホームページにそのまま使える
  • 企業としての信頼性が上がる

それぞれ詳しく解説します。

SEO(検索で1ページ目に表示させる)が有利になる

無料ドメインを使った場合は、提供しているサービス会社のドメインに依存するため、SEO対策で不利になる事があります。

具体的に言うと、ブログで記事を公開して、上位キーワード狙ったとします。その時、同じブログサービスを利用している他者が、同じキーワードで記事を書いた時、優劣を判断して、どちらか一つしか検索に表示しないことがあります。

独自ドメインを使うことで、上記を回避することができます。さらに自分のホームページのドメインパワー(ドメインの評価)を生み出し、継続して貯める事ができます。

新しいホームページにそのまま使える

無料ドメインを提供しているサービス会社が、突然サービスを停止した場合、サービスを利用して作ったホームページと無料ドメインはなくなります。

ですが、独自ドメインを取得して使っていた場合、新しくホームページを作り直した時に、ドメインはそのまま継続して使うことができます。

企業としての信頼性が上がる

誰でも無料で使える無料ドメインに比べて、種類にもよりますが、費用をかけて所得している独自ドメインの方が信頼性の担保につながります。

特に、【JP】は、日本国内に住所がある人のみ取得できる制限があるので、一目見ただけでホームページの信頼性が上がると言えます。

独自ドメインを取得するデメリット

  • ドメイン費用が発生する
  • ホームページへの設定やドメインの管理が必要になる
  • ブログ・ホームページ作成ツールで使用する時、設置費用が発生する場合がある

主に、費用面がデメリットになります。ドメイン代と、無料ブログ・ホームページ作成ツールへの設置が有料の場合があるので、費用対効果を考慮して決める必要があります。

独自ドメインの種類と費用


独自ドメインにも色んな種類(jp・comなど)があり、選んだ物によって費用が違います。

個人事業主向けのドメインは、大きくわけると国内対象ドメイン(トップレベルドメイン)と世界対象ドメイン(分野別トップレベルドメイン)になります。下記でそれぞれのオススメをまとめます。

国内対象ドメイン(国内限定:日本人のみ取得可能)

*ドメイン取得会社によって年間・更新費用が変わるので目安です

種類 用途 登録条件 年間費用
jp 日本国内に住所がある人のみ取得できる 日本人のみ 2,000円ほど
co.jp 営利法人用:日本国内で登記を行っている法人のみ取得できる 法人のみ 3,500円ほど
ne.jp 日本国内のネットワークサービス提供者のみ取得できる ネットワーク
サービス提供者
7,000円ほど

世界対象ドメイン(世界共有:誰でも取得可能)

*ドメイン取得会社によって年間・更新費用が変わるので目安です

種類 用途 登録条件 年間費用
net ネットワークサービス提供者が対象 誰でも可 1,200円ほど
com 商業組織用 誰でも可 800円ほど
org 非営利団体を対象:現在は用途に制限はなく幅広く使われている 誰でも可 1,300円ほど
biz ビジネス対象:商用利用にのみ取得可能 ビジネス利用者
(審査はなし)
300円ほど
shop お店をイメージさせる 誰でも可 2,000円ほど

上記のように信頼性の高い国内対象ドメインの方が費用も高くなります。

オススメのドメイン

予算に余裕がある場合は、国内対象ドメインの【JP】で、抑えたい場合は世界対象ドメインの【com】をオススメします。

独自ドメインの取得サービス【4選】


ドメイン取得サービスによって、年間・更新費用が変わってきますので、比較が必要です。
お得なキャンペーンを行っている場合があるので、その辺りも考慮し取得しましょう。

注意!:WHOIS情報公開代行について

個人事業主がドメインを取得する時に気をつけないといけないのが、『whois』です。

whoisとは?

世界中のドメイン保持者情報(IPアドレス・氏名・住所などの)を保存するデータベースで、誰でも観覧できます。ICANN(アイキャン)より登録を義務付けられています。

上記のとおり、ドメインを取得すると個人事業主の個人情報が、世界中誰でも観覧できる状態になってしまいます。

ドメイン取得サービスが提供する『WHOIS情報公開代行』を使うことで、ドメイン取得者の個人情報の代わりに、ドメイン会社の情報を掲載してくれます。これで、個人情報の開示をふせぐことができるので、ぜひ、利用しましょう。

お名前.com


お名前.com

国内最大級登録実績1,500万件ドメインの登録サービスです。

*時期により値段変更あり

種類 取得費用 更新費用
jp 2,340円 2,840円
com 760円 1,280円

【電話サポート】 あり
【WHOIS情報公開代行】 新規登録:無料(キャンペーン中) 通常:980円/年

ムームードメイン


ムームードメイン

ドメイン登録件数400件突破。10年以上の実績があり多くの企業で使われています。

*時期により値段変更あり

種類 取得費用 更新費用
jp 2,840円 3,040円
com 999円 1,480円

【電話サポート】 なし
【WHOIS情報公開代行】 無料 

エックスドメイン


エックスドメイン

ドメインを取得すると、ワードプレスが使えるサーバーを無料で利用できます。同じ系列会社のエックスサーバーを利用すれば、ドメインが無料でもらえます。(キャンペーン期間20.4.30まで

*時期により値段変更あり

種類 取得費用 更新費用
jp 2,820円 2,820円
com 780円 1,180円

【電話サポート】 あり
【WHOIS情報公開代行】 無料 

スタードメイン


スタードメイン

ドメインを取得すると、初期費用・更新が無料のサーバーをもらえます。ワードプレス対応・広告非表示なので商用に最適です。

*時期により値段変更あり

種類 取得費用 更新費用
jp 2,360円 2,360円
com 880円 1,180円

【電話サポート】 なし
【WHOIS情報公開代行】 無料 

レンタルサーバーで独自ドメインが貰えるキャンペーンを利用

ホームページを設置するレンタルサーバーを借りる場合、レンタルサーバー会社で独自ドメインがもらえるキャンペーンを行っていることがあります。タイミングが合えば、利用してください。

エックスサーバー


エックスサーバー

業界最大手で運営サイトも100万件をこえています。サーバー速度と安定性が高くサポート体制も充実しているので、初心者でも安心して使えます。月1,080円のプランで全く問題ないです。

20.4.30まで、ドメインがずっと無料でついてくるキャンペーン中です!
独自ドメイン(.com/.net/.org/.biz/.info/.xyz/.link/.clickからいずれか)を1個進呈。
今回ご契約のサーバーをご利用の間は、進呈したドメインの更新費も無料。
>>エックスサーバー

コメント